Q&A

■ 一般的な防災講習はやっていますか?

→ 一般的な防災講習に加えて、地域に応じた想定される災害を軸に防災を考えていく講習など、楽しくためになる講習・講演を行っています。

■ 防災訓練を行いたいが、人が集まるか心配なのですが?

→ 起震車や非常食などの楽しめるアイテムで興味を引き、周知を怠らなければ参加される方は多くなると思われます。また、子どもたちも参加できる楽しいメニューを用意するのも効果が高いと思います。人集めから訓練内容まで、総合的にお手伝いいたしますのでお気軽にご相談ください。

■ 救命講習とはどのような内容ですか?

→ 骨折時、出血時の応急手当、担架搬送法、胸骨圧迫、AEDの使い方を基本とします。喉に物が詰まった時のハイムリック法では訓練用ベストを用い、胸骨圧迫では多くの方が同時に体験できるようマネキン20体を揃えています。また、訓練用AED20機に加えて本物のAEDも展示するなど、多くのアイテムを使って効果的に学習します。

■ DIG、HUG、クロスロードとはなんですか?

→ 防災の3大図上演習です。DIGは防災マップを自分たちで作り対応策を考える訓練、HUGは自分たちが運営する避難所開設訓練、クロスロードは防災上の判断力・決断力を養うためのゲーム(訓練)です。それぞれ特徴のある素晴らしい訓練です。

■ 費用はどのようになっていますか?

→ 起震車は実費として1イベント1日3万円からとなります。(応相談)
→ 講習会、講演会、防災訓練支援等は基本1万円からとなります。(無償の場合もあります。ご相談ください)
→ 非営利ですが、機器代、消耗品等の実費がかかりますことご理解ください。
→ [費用について]ページも参考にしてください。

■ 起震車は抽選ですか?先着ですか?

→ 起震車は協力団体であるBCNによって運用されています。BCNによれば基本的に先着優先です。
早めにご予約下さい。

■ 起震車は1時間で何人くらい体験できますか?

→ 振動時間によりますが、1時間で最大100人を目安にしてください。できれば時間を割いて様々な揺れを体験していただければと思います。

■ 起震車はどのような揺れを体験できますか?

→ 震度7までの揺れと、過去の地震の波形を基にした3次元(縦横高さ方向)振動を体験できます。
東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)、兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)
新潟県中越地震、大正関東地震(関東大震災)などがあります。

 ■ 起震車の安全性はどのようになっていますか?

→ 手動停止はもちろんセンサーによる自動停止装置を備え、万全の安全システムを完備しています。階段での上り下りにはご注意ください。万一に備え、運営団体であるBCNが賠償責任保険に加入しています。