活動報告

船橋市立湊中学校救命講習

平成28年5月16日(月)、船橋市湊中学校において2年生全員、3年生全員、教職員等、計約280名にガイドライン2015に沿った救命講習を行いました。
1,2時限目は3年生、3,4時間目は2年生、午後3時からは教職員が対象に、一次救命処置について1単元約50分の時間制限の中、胸骨圧迫の重要性を主軸に講習を行いました。生徒の皆さん、教職員の皆さん、共に真剣に学んでいました。中学2年生のなかには身体が小さく十分な胸骨圧迫ができない生徒がいましたが、なんとか試みようと必死になっている様子が伝わりました。
今回平日の訓練ということもあり、東京都支部、東京都支部多摩ブロック、千葉県技術支援チーム、BCNの各団体から応援していただき、計19名の指導員で1組4人、16班編成のそれぞれの班に1名の指導員がつき、質の高い胸骨圧迫ができるようほぼマンツーマンで指導を行いました。中学校の中でもこのような取り組みをしているところはなかなかないと校長先生からもお礼の言葉をいただき、我々も大多数の一斉講習を行うことの勉強につながりました。
他の校長先生も見学に来ていましたので、このような取り組みが評価されていくにつれて、随所での救命講習が予定され、結果命を救うことの一助になればと期待が膨らみます。

日時 : 平成28年5月16日(月)8:45~16:15
会場 : 船橋市立湊中学校
参加 : 約280名
スタッフ: 計19名
内容 : 救命講習(G2015準拠)

chibakita280516-1

chibakita280516-5

chibakita280516-4

chibakita280516-2

関連記事

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ