活動報告

3/17,18(土日) JAPANドラッグストアショー(幕張メッセ)

DSC03316_p

平成30年3月17,18日(土日)、千葉県千葉市、幕張メッセにてJAPANドラッグショーが開催され、BCNおよび千葉県北部支部がこどもレスキュー体験を受け持ちました。
JAPANドラッグショーは例年10万人を超える大変大きなイベントで、幕張メッセHALL4-8の広大な会場で行われる「薬」の祭典です。昨年から参加していますが、今回は「こどもレスキュー体験」ということでロープ渡過を行いました。
まずつなぎを着てレスキューの格好をしてもらいハーネスを装着、ヘルメットと軍手をして、最後にカラビナを装着して準備完了です。敬礼してから梯子を上り、補助を受けながらロープに足をかけてスタートします。上手な子はすぐに渡り切ってしまいますが、逆さになってロープで渡る経験はもちろん初めてで、緊張と興奮が入り交じり、渡り切って拍手が起こると大喜びです。保護者の方は我が子の勇姿を写すことに夢中になっていました。
このロープ渡過は初めての試みでしたが、2日間で175人の子ども達に渡ってもらったことから、すでに経験が積み上がり、どこでも対応できるようになったと思います。人を救うのは大変だけどちょっとかっこいい、そんな想いが子ども達に残ればと思います。
また、18日は「災害から家族を守る防災対策」と題して45分間の講演があり、千葉県北部支部の藤田隆雄防災士が講師を務めました。200人近くの参加者がありセミナールームは満杯状態の中、具体策を含めた藤田防災士の語り掛けるような講演は大変好評でした。

日時:平成30年3月17日(土)
場所:幕張メッセ
参加:一般12万人
講師:藤田隆雄防災士
スタッフ:延べ18名
内容:こどもレスキュー体験(ロープ渡過)、講演

DSC03228_p

DSC03337_p

DSC03243_p

DSC03357_p

 

DSC03436_p

関連記事