活動報告

7/8(日)パールタウン自主防災会防災講演(茨城県古河市)

DSC06014_p

平成30年7月8日(日)茨城県古河市、パールタウン自主防災会にて防災講演会が開かれ、BCNが千葉県北部支部の協力を得て支援しました。内容は防災講演、レジ袋の防災活用法、地震体験です。
参加者は20名程度と絶対数は多くないものの、自治会世帯数が25戸であるため、参加率は8割になります。講演では岡田和也防災士が講師を務め、自主防災組織の考え方や役割、自助・共助、事例などを含めて講演を行いました。その後、レジ袋を使った防災活用法や水を使わないトイレの方法など実演を交えて行いました。質問では、活断層についてや足腰の悪い人をどのように運ぶかなど、具体的な質問をいただきました。地震体験では東北地方太平洋沖地震に加え、希望者に新潟県中越地震、大正関東地震を体験いただき、あらかじめ地震体験の目的(人が耐えられるかではなく家や家具がどうなってしまうかをイメージいただくこと)をお話してあったため、じっくりと揺れからのイメージを感じ取っていただけたのではないかと思います。
自主防災組織として4年目という当地区ですが、積極的に進めていこうとする姿勢と自治会の一体感が印象的でした。今回、質問を受けましたが実技の説明をする時間がなく、できれば実技系の訓練もお手伝いさせていただきたいと思っています。

日程:平成30年7月8日(日)
場所:新割会館(茨城県古河市)
参加:自治会員約20名
講師:岡田和也防災士
スタッフ数:5名
内容:防災講演、レジ袋の活用法、地震体験

DSC06018_p

DSC06025_p

DSC06036_p

関連記事