活動報告

10/14(日)五町会自治会合同防災訓練(千葉県船橋市)

平成30年10月14日(日)船橋市高郷小学校において「五町会自治会合同防災訓練」が行われ、支援しました。毎年持ち回りで実施され、今年は恵通苑町会の当番でした。参加者140名の大きな訓練でしたが、みなさん大変熱心でした。防災部会が主体となるよう準備段階から配慮しました。司会進行は言うまでもなく、展示においても三角テントは防災部会のメンバーが設営しました。またボーイスカウトの協力を得て、搬送、ロープワーク、新聞スリッパなどを担当していただきました。
事前の打ち合わせにおいて、1.講話「避難所について」 2.身近なものを使った応急手当「止血の仕方と、スーパーの袋を使った腕の吊り」 3.人形を使って救出訓練、搬送 4.CPRとAEDのデモそのあと各ブースに分かれて体験(CPR・AED、身近なものを使った応急手当、家具転倒防止、三角テント、搬送・ロープワーク、家庭内DIG)の流れでしたが、実際には、時間が十分であったため、ブースに分かれて行った家庭内DIGを全員で答え合わせをしたり、新聞スリッパ(ボーイスカウトリーダーに頼んでやっていただいた)などを防災部会の提案で追加しました。また、質問コーナーも設けましょうということで時間いっぱいを使っての訓練ができました。
防災士が何でもやるのではなく、防災部会が中心になって訓練する、そのお手伝いをするというスタンスで臨み事前の計画書にもその目的を明確にし参加予定の防災士に周知しました。

日程:平成30年10月14日(日)
場所:船橋市立高郷小学校
参加:約140名
スタッフ数:7名
内容:講話、CPR・AED、救出訓練、家具転倒防止、身近なものを使った応急手当など

DSC_0052-1_p

DSC_0062-1_p

DSC_0057-1_p

関連記事

最近の記事

カテゴリー

過去の記事一覧(月別)