活動報告

10月23日(日) 野田市東新田自主防災会防災訓練(野田市)

令和4年10月23日(日)千葉県野田市東新田自治会館にて、コロナ感染防止として、広場屋外防災訓練が行われ、支援致しました。

①目的
野田市は令和元年に防災計画が大幅に改定、新洪水ハザードマップでは、指定避難所が55箇所から21箇所に削減されました。

今回の南部地域人口35.000人に対して、指定避難所体育館収容人数1.700人程度事由災害時避難所に避難困難です。
そこで今回防災訓練は、推奨する在宅避難想定しての、対応訓練実施致しました。

②日時:10/23(日)9:30〜12:00

③場所:野田市東新田自治会館

④主催:野田市東新田自主防災会

⑤参加:第1〜第10 ブロック長等 厳選70名

⑥講師:小椋防災士
指導:石田防災士

⑦講演テーマ
⑴命の尊さ生き残る対策
⑵過去の実体験に基づく実情
⑶在宅避難する為にどうする

⑧実技指導内訳
⑴消火訓練 消火器放水
⑵救命訓練 マネキンAED3set
⑶トイレ活用法 在宅避難時
⑷生活用水 井戸水ポンプ用発電機設置運転
⑸災害時注意喚起

総括
今後在宅避難者救援物資支援の為、必要な物資と、量の把握する上、会員の家族構成調査必要不可欠です。
・家族の人数(男·女別)
・乳幼児人数(3歳未満)
・小児人数(3歳以上小学生)
・成人人数(中学生以上75歳未満)
・高齢者人数(75歳以上)
・要支援要介護者人数
・その他会員要望事項 等

自治会で直ぐにも取り組んで頂きたいと思います。

地域住民の為日頃より精進活躍を祈念致します。

報告: 小椋養一
千葉県防災士連絡会 野田支部
野田市防災安全アドバイザー

関連記事

過去の記事一覧(月別)