活動報告

12/12(火) 船橋市立宮本小学校防災学習支援(千葉県船橋市)

平成29年12月12日(火)、千葉県木船橋市、船橋市立宮本小学校において小学5年生を対象とした防災学習が行われ、千葉県北部支部からスタッフを派遣しました。
宮本小学校は防災学習の取り組みが進んでおり、昨年に引き続いての支援です。小学5年生は小学3年生に向けて自分たちの防災学習の成果を発表しますが、それに先立ち防災士に説明を行いアドバイスを受けるというものです。1クラス7~8グループに分かれ、各グループでテーマを設けて独自に調べた内容を発表しますが、大変よく調べており、あるクラスではすでに成果品もあり、特殊なヘルメットやゴムと割り出しを使った震動検知装置など、オリジナリティ溢れるものとありました。
防災士スタッフは8名で各グループに1人配置し、それぞれアドバイスしましたが、そこから学んだこと、注意点などをA4用紙いっぱいに書いて、書ききれない場合はさらに用紙を追加してメモしていました。単に教わったことではなく自分たちが調べたことなので、真剣そのもので、抜け落ちていた点が保管されたり、別な視点から見ることができたり、充実した学習になったのではないかと思います。このような学校が増え、防災学習の機会が増えることを願います。次週19日は同校で小学1年生を対象とした防災学習も支援が予定されています。

日時:平成29年12月12日(火)
場所:船橋市立宮本小学校
参加:約120名
スタッフ:8名
内容:防災学習アドバイスDSC00249_p

DSC00210_p

DSC00244_p

DSC00226_p

関連記事

最近の記事

カテゴリー