活動報告

9/24(日) 千葉県匝瑳市 親子で学ぶ防災体験教室

平成29年9月24(日)、千葉県匝瑳市、八日市場青年会議所が主催する「親子で学ぶ防災体験教室」が行われ、千葉県北部支部とBCNが共同で支援を行いました。受講者は親子ペアで約40名。11:00から16:30までの学習で、楽しみながら体験を通して防災を学ぶとともに、大人と子どもが一緒になって親子の絆を深めるという目的も含まれています。
開会式が行われ、まず座学で自分の身を守る大義を学んだあと炊飯袋(ハイゼックス)の使用方法、注意点の説明があり、別棟の調理室に移動。持ち寄ったお米で炊飯です。炊きあがるまでの間の簡易ランタン作りではみんな一生懸命で点いたり消えたりして大忙しの中、ご飯が炊きあがりお昼を試食しました。
午後ははじめに応急手当・担架搬送法と救命講習をローテーションで行い、対応方法を学びました。公園に移動して、火起こし消火体験と地震体験をローテーションで行いましたが、火起こしではファイヤースターターで火花を散らし、まいぎり式火おこし器で原始的な着火法を学びました。火災旋風実験見学では、その火柱の高さに大人も子どもも驚きを隠せないでいました。地震体験では東北地方太平洋沖地震の波形モデルを体験し、どちらかと言えば大人の方がその恐ろしさを感じているように思いました。
閉会式ではお礼にと防災士のメンバー全員に「匝瑳の舞(お米)」が進呈され、恐縮しながらありがたくいただきました。この場を借りまして改めてお礼申し上げます。
長時間かつ盛りだくさんの企画ですが、時間はあっという間に流れ、楽しくためになる防災教室になったと思います。また、親子の絆もより深まり、きっと夜には家族で今日のことを話し合ったと思います。このような企画は全国的に広め、多くの場で防災と絆が広がっていくことを期待します。

日時:平成29年9月24(日) 11:00-16:30
場所:匝瑳市野栄総合支所他
参加:約40名
講師:白川恵防災士、川崎隆克防災士、谷正美防災士
スタッフ:6名
内容:講演、ハイゼックス、応急・搬送・救命、火起こし消火、地震体験

DSC07420_p

DSC07453_p

DSC07465_p

DSC07531_p

DSC07540_p

関連記事

最近の記事

カテゴリー