活動報告

4/11(日)野田市消防署主催野田市全消防団資機材取扱訓練(千葉県野田市)

令和3年04/11(日)
野田市消防署主催野田市全消防団資機材取扱訓練設営実施

1 目的
救命ボートの配備に伴い取扱いを習得するとともに、新人団員として基本となる規律及び資器材取扱いを習得する。
2 日時
令和3年4月11日(日)
3 場所
野田市木野崎地先 利根川河川敷 スポーツ公園
4 対象者
各分団4名、新人団員、女性消防団員
5 指導員
野田消防署訓練指導員及び水難救助隊員
6 服装
新基準活動服、編上靴、アポロキャップ(資器材取扱訓練はヘルメット、革手袋を着用)
7 訓練内容
(1)救命ボート資器材取扱い訓練
(2)チェ―ンソ―操作実施訓練全分団配備済
(3)MCA無線取扱訓練
(4)規律及び資器材取扱訓練 新人団員及び女性消防団員
8 訓練時間2部構成
(1)9:00~南・北方面隊
(2)10:30~中央・関宿方面隊
9 配布物
(1)救命浮環1、耐切創性手袋6、保護メガネ6  [全分団]
(2)救命ボート一式
[16分団]
コロナ渦の影響により今回野田市全消防団56分団、団員厳選200名余りの参加尚且つ、三密避け 2部構成により行われました。
女性隊員11名中7名参加
訓練実施内容は密着避け4ローテーションにより行われました。
・特別メニュー
消防署ドローン操作特別隊員によりデモンストレーション実施

尚今年度9月に野田市清水公園市民プールに於いて水害対策用救命ボード実施訓練予定です

野田市全域網羅56分団日々の精進に感謝と益々の活躍祈念致します。

監修:野田市防災安全会議委員 千葉県支部
小椋養一防災士

関連記事

過去の記事一覧(月別)