活動報告

10月17日(日) 野田市岩名五区自治会主催防災訓練(千葉県野田市)

令和3年10月17日(日) 野田市岩名五区自治会館に於いて防災訓練を行いました。
当初、一時避難所であります川間駅第五公園で予定しておりましたが、雨天のため、急遽コロナ対応を十分行い会館での実施となりました。

内容については自治会依頼のテーマ基づいて行いました。
①避難するときの非常持出品、避難所生活をするときの必需品、自宅で生活するときの備蓄品について
②身の回りの応急手当として、止血法について
③繰り返し毎年実施している消火器の取扱について
④5月20日より実施されました警戒レベルの内容変更および、野田市ハザードマップについて

【総括】
21世紀は「災害の時代」とも言われており、自治会防災部長より、繰り返し自分たちの身を守る行為として
基本的なことを取り上げてほしいとの要望があり上記内容で実施いたしました。

【実施後の感想・課題】
・雨天のため川間駅第五公園から会館へ変更になり、コロナ禍の中、十分な体験訓練とならなかったのが残念。
・ハザードマップへの関心が大きい。
・1月に非常持出袋を自治会で配ったが、利用していない人が半数以上いた。

日 時:令和3年10月17日(日)9時30分~11時
場 所:野田市岩名第五自治会館
参加者:36名
講 師:石田 健防災士

関連記事

過去の記事一覧(月別)